プロフィール


出身地

長崎県南島原市

海と山に囲まれた人口5000人程の小さな町で生まれました。

 

経歴

■ 長崎県立口加高校

■ 日本工学院八王子専門学校 柔道整復科 

  中央医療専門学校 鍼灸科

■  訪問鍼灸 やさしい手牧瀬治療院 院長 

■  HALe fasting 鍼灸治療院 院長

  

趣味

■ 運動

■ 読書

■ 子供と遊ぶ

 

好きな言葉

■ 猪突猛進

 

資格

■ 柔道整復師

■ 鍼灸師

 その他自己紹介

・兄二人の三人兄弟です。

・小学生の頃から中学生まで空手をやっていました。(個人成績では県でベスト8でした。)

・高校では剣道、専門では柔道とわりと格闘技系のスポーツが多かったです。(個人的には時間があればまた空手がやりたいです。)

・小さいころから太っており高校卒業時には90kgになり、そこから60kgまで落としました。

・かわいい娘が二人おりますが基本的に嫁に出す気はありません。
(僕がどんなに言ったって行く時は行くとは覚悟していますが、最後まで反対してやろうとは思っています。)

私が治療家を目指した経緯

 

上記でも書いていた通り私は小さい時から空手を行っておりました。

もしかすると皆さんは空手と聞くと極真空手などの相手をノックアウトするイメージを持たれているかもしれませんが、私が行っていた空手は伝統派の空手でいわゆる寸止めといわれるポイント制の空手でした。

(2020年の東京オリンピックから正式種目になりますのでご興味がある方は一度見てみてください。)

 

どうでしょう?皆さんは寸止め空手と聞くとそんなにケガなどは無いのではないかなど思われるでしょうか?

もちろんK‐1やプライドなどのノックアウト系の試合と比べるとケガの質や数は変わってきますが、歯が折れたり骨が折れたりぐらいのケガはありますし、どんなスポーツも一緒ですが無茶な練習や体の使い方が悪いと一部に負担がかかり過ぎて慢性的な痛みの原因になってしまいます。

 

そのような環境の中ですので、私も捻挫や打撲による怪我、それらによる二次的な腰痛への移行などでとても悩んでおりました。

基本的に私は病院などの雰囲気が好きではないので、痛くてもできる限り病院には行かないようにしていたので腰に負担がかかり過ぎたのでしょう腰の痛みが強くなり練習をしていても長い時間練習に耐えられなくなっていました。日常生活にはそれほど影響がなかったのですが、いざ身体を動かそうとすると痛みでうまく動かせないのです。これは経験のある方ならわかると思うのですが、スポーツをやっている人からすると相当問題です。そこからようやく私は病院に行ってレントゲンを撮ったのですが、レントゲン上は異常はなく一時的な筋疲労といわれ当時はシップのみの処方でした。ですので体を動かした時の痛みは変わらず、痛みに苦しんでおりました。

 

そんな状態が長く続いたのでそれを見かねた当時の空手の先生が知り合いに整体の先生がいるからと紹介していただきそこへ受けに行きました。正直何をどうされたのかはほとんど覚えていないのですが、1回の施術で体を動かした時の痛みが7割ほどなくなりとても驚きました。(今思うとカイロプラクティックがベースの施術をされていたように思います。)その後2,3回施術を受けに行きその症状は完治され最終的に空手での私の個人成績は県でベスト8をとることができました。

 

そんな経験もあり中学生の頃には自分の中でこの仕事に対する尊敬の感情があり将来は自分もこの仕事をやろうと決意しました。